「古本靖久」の記事

日ごとの聖書(6月19日)

本日の通読箇所「ローマの信徒への手紙3:19~20」 なぜなら、律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされないからです。律法によっては、罪の自覚しか生じないのです。 (ローマの信徒への手紙3章20節) たとえ…

日ごとの聖書(6月18日)

本日の通読箇所「ローマの信徒への手紙3:9~18」 次のように書いてあるとおりです。「正しい者はいない。一人もいない。 (ローマの信徒への手紙3章10節) 「正しい者はいない。一人もいない」。この言葉がパウロから発せられ…